まもなくウスギモクセイの開花が始まります!

英彦山スロープカー周辺のやウスギモクセイがまもなく開花します。

ウスギモクセイは江戸時代に植えられ、樹齢がおよそ350年と
言われるキンモクセイの一種です。
毎年、秋に2度開花しており、今回は1回目の開花です。

開花すると良い香りにが漂い、木が大きいこともあり、木の見えない
遠くまで香りが届きます。

通常平地のキンモクセイはもっと開花が遅いのですが、英彦山は気温が下がるのが
早いので、平地より早く開花しています。

またキンモクセイより花の色が薄く、ギンモクセイのような花の色です。