ウスギモクセイが開花しました。

英彦山の参道周辺に植栽されているウスギモクセイが見頃を迎えています。

江戸時代の中期に植栽されたとされ、樹齢は300年以上経過しているそうです。
キンモクセイやギンモクセイと同じモクセイ科で、それらと比べ、花の色が淡いのが特徴です。

キンモクセイと言えば、10月後半から11月の開花のイメージですが、英彦山では毎年この時期に開花しています。
春から夏にかけて英彦山の花の開花は下界より遅れますが、秋以降は気温の低下が早くなるため、
英彦山が下界を先行して開花します。

天候にもよりますが、今月一杯は楽しめそうです。