補聴器は、本体に取り付けられているマイクロホンに入ってきた音を大きくして、耳に伝える機能を持った器械です。
現在は様々なスタイルや機能を持った補聴器がたくさんあります。いずれの補聴器にも共通して必要とされる機能は、聞きたいと思う音のみ、音量を上げることができるようになっていることです。
小さい音を聞こえるようにして、同時に大きな音は快適な音量にすることができるので、どんな環境でも安心して使用できます。
補聴器により、すべての問題を克服することはできませんが、より良く聞こえを改善することができます。

主な補聴器の種類

耳かけ型
耳の後ろにかけて使います。
耳にぴったりフィットするの快適です。
耳あな型
耳の奥にぴったり収まるタイプ。
お客様の耳の形状にあわせてデザインします。
耳かけ型補聴器 耳あな型補聴器

補聴器は両耳につけることでより自然な聞こえが得られます。音の方向感覚にすぐれ、耳への負担も軽減されますので両耳につけることをお勧めします。
いいづか補聴器は130年以上もの間、新しい技術で聴覚ケアの進歩に貢献しつづけているドイツのグローバル企業、シーメンスの製品を中心にお客様の聞こえのお手伝いをさせて頂いております。
シーメンス製品